知るギャラリー公式note

国内最大手のマーケティングリサーチ会社インテージが運営するメディア「知るギャラリー」の公式noteです。【価値あるデータが未来を拓く】をコンセプトに、データにまつわるコラムをわかりやすく投稿します。

知るギャラリー公式note

国内最大手のマーケティングリサーチ会社インテージが運営するメディア「知るギャラリー」の公式noteです。【価値あるデータが未来を拓く】をコンセプトに、データにまつわるコラムをわかりやすく投稿します。

    最近の記事

    パッケージデザイン~完全自動生成の可能性~

    はじめまして、インテージの谷と申します。 昨年の9月から中途でインテージに入社してようやく1年が経とうとしています。 実は前職は伝統工芸のメーカーに勤めていたため、マーケティングリサーチ業界としてはまったくの初めて。 ズブのデータ素人です。業界について、勉強の日々です。   こんな右も左もわからない私は、クリエイティブディレクターの任を拝命しています。 主には販促に関わる制作に携わっているのですが、「こんな何もわからない人がインテージのサービスの販促に貢献できるの?」と思われ

      • 新しいマーケティングのすすめ(12)

        こんにちは、笠原です。 さて、あなたの会社にも、4月に入社してきた「新入社員」がいることが多いのではないでしょうか。今回のお話は、そんな新入社員に学ぶ「新しいマーケティング」についてです。 本日は知るギャラリーの中から、元花王 本間充さんが連載されている「新しいマーケティングのすすめ」の記事の一部抜粋をご紹介します。 ========= 「新しいマーケティング」を「新しい消費者」と考える 多くの場合、「新入社員」は皆さんより若いです。そして皆さんと異なる消費体験や、顧

        スキ
        7
        • 行動変化が影響「2022年、上半期売れたものランキング」

          こんにちは、笠原です。早いもので今年も半分終わり、7月も終わろうとしていますね。 本日の知るギャラリー公式noteは、「2022年、上半期売れたものランキング」の記事についてです。 「インテージと言えばSRI※」というイメージをお持ちの方がいらっしゃるのではないでしょうか? SRI+®とは、全国約6,000店舗より収集している小売店販売データで正式名称を全国小売店パネル調査といいます。 このSRIを使って、日用消費財の中で、この2022年の半年間何が特に売れたのかを振り返

          • 【インド】バーチャルホームツアー~ヒンズー教徒の日常とEV利用実態~

            こんにちは、笠原です。 本日の知るギャラリー公式noteでは、インドのとあるご家庭のバーチャル家庭訪問の様子をお届けします。 参考となる知るギャラリーの記事はこちら。 突然ですが、あなたはインドのある30代主婦の女性の1日を、具体的に想像できますか? 何時に起きて、何を食べ、どのような化粧品を使っているのでしょうか。 日本の30代女性主婦との違いは、なんでしょうか。 13億を超す人口を有するインド。規模が大きく注目のマーケットではありますが、その生活者の様子は宗教・地

            スキ
            1
            • リサーチまんが 第1話 売り上げ減=ユーザー離れ??~「仮説と事実」の落とし穴~

              はじめまして、インテージの五十嵐と申します。 本日は笠原はお休みで、私からお届けします。   まず、私について、簡単に紹介させてください。 現在インテージが3社目の30代OLです。 2社目でマーケティングリサーチ業界に入り、そこから約5年、CRMや販売促進をメインとした業務を担当しています。   5年前の私は、 ・“マーケティングリサーチ”って何?何のために使うの? ・市場調査ってなんだか堅そう、 ・アンケートって簡単にできるイメージだけど、あえて専門会社に依頼する必要がある

              スキ
              2
              • Z世代に3つの質問をしてみた。購入する際、好きな有名人が持っているものを選ぶ?

                こんにちは、笠原です。前回のnoteでは、「Z世代・アルファ世代のリアル-テックネイティブな未来の消費者を紐解く~30,000円あったら何に使う?~」と題して、Z世代の消費価値観についてご紹介しました。 今回は、さらに踏み込んで、Z世代、ミレニアル世代、X世代に3つの質問をして、その解答内容から世代の消費行動を追っていきたいと思います。 【問1】通販サイトや価格比較サイトを見る? 【問2】購入する際、好きな有名人が持っているものを選ぶ? 【問3】買ったものを他人に共有する

                スキ
                2
                • Z世代・アルファ世代のリアル-テックネイティブな未来の消費者を紐解く~30,000円あったら何に使う?~

                  こんにちは。笠原です。突然ですが皆さん、今、手元に30,000円あったら何に使いますか? 消費行動というのは面白く、世代の変化が如実に出るものでもあります。 1993年生まれの私は、もし30,000円あったら、洋服かちょっと良いスキンケア用品など買いたいなあ・・・と思いましたが、皆さんはどうでしょうか? 今回は、知るギャラリーの記事から、「Z世代・アルファ世代のリアル-テックネイティブな未来の消費者を紐解く①~消費価値観から得る、未来の消費者理解のヒント」をご紹介します。

                  スキ
                  4
                  • SDGsの17の目標 日本人が考える優先的に取り組むべき目標は?

                    こんにちは。笠原です。本日はSDGsについての記事について書いていこうと思います。 実は、この記事が知るギャラリーで公開されたのは2020年2月ですが、現在もロングセラーでアクセスランキングの上位にランクインされている記事です。 知るギャラリーの流入経路を見ても、「SDGs とは」と検索して、知るギャラリーにたどり着く方も、実は結構います。 つまり、多くの方が関心のあるテーマであり、聞いたことがあっても、実は正確に把握できていないので、勉強したい。そんな方も多いのではないでし

                    スキ
                    2
                    • 「運動量と購入量の関係」から見えるもの

                      はじめまして。インテージの川口と申します。 本日は知るギャラリーの「コロナ禍における健康市場トレンド」という記事について紹介します。先週も同じ記事をご紹介していますが、今回はデータ活用という視点からお話したいと思います。 はじめに、簡単に自己紹介させてください。 私はこの知るギャラリーの運営メンバーの中では最もインテージ歴が長く、過去にはインテージが提供する消費者パネルや小売店パネルの分析やサービス開発などに関わっていました。今回ご紹介する内容は、このパネルデータならではの

                      スキ
                      2
                      • コロナ禍における健康市場トレンド

                        こんにちは、笠原です。 本日は「コロナ禍における健康市場トレンド」の記事について書いていきたいと思います。 皆さん自身はコロナによって、健康に関する意識は変わりましたか? 私はテレワークで外出が少なくなり、健康を意識して家で飲む飲み物のバリエーションが増えました。 最近はリンゴ酢やヤクルト1000にハマって飲んでいます。(ヤクルト1000は人気すぎて小売では手に入らないのでヤクルトレディから購入しています!) これを読んでいる方がマーケターであれば、コロナ禍における消費の

                        スキ
                        2
                        • データサイエンス をマーケティング実務に活かすイロハ(後編)

                          こんにちは!笠原です。 本日は知るギャラリーより「データサイエンスをマーケティング実務に活かすイロハ」の後編の記事について書いていきたいと思います。 「データサイエンティスト」。皆さんはお仕事で付き合いはありますでしょうか。データのプロフェッショナルの力を借りることで、マーケティングの可能性をよりひろげることができるのは間違いありません。 今回はデータサイエンティストという職業や特性について解説していきます。 ◆データサイエンティストという職業と付き合い方 2010年代

                          スキ
                          2
                          • データサイエンス をマーケティング実務に活かすイロハ(前編)

                            こんにちは!笠原です。 本日は知るギャラリーより「データサイエンスをマーケティング実務に活かすイロハ」の記事について書いていきたいと思います。 「データサイエンス」。 正直、データについて知識のない私の中ではまだまだ聞きなれない、ちょっと身構えてしまう言葉です。 しかし、この知るギャラリーの記事を読んで、そんな私でも非常にわかりやすかったので、さらに噛み砕いてお伝えできればと思います。 ◆データサイエンスとマーケティングの関係性 データサイエンスはマーケティングにおいて

                            スキ
                            1
                            • 消費財の値上がり実態と生活者の家計防衛術

                              こんにちは。来條(らいじょう)と申します。 笠原がマーケティングリサーチについて書いてくれているので、知るギャラリーの記事から、ちょっと別の話をしたいと思います。   今日のテーマは【消費財の値上がり実態】です。 値上がりって生活ととても身近な、あまり嬉しくないトピックですよね。   直近、原材料価格や物流費の高騰を受け、食品・サービスなど幅広い分野で値上げの動きが広がっています。外国為替市場では急激な円安基調も重なり、4月には約20年ぶりの円安水準を記録。円安の影響から、輸

                              スキ
                              3
                              • マーケティング活動に、「リサーチ」を組み込む前に大切なこと

                                こんにちは!笠原です。 前回は一見誰でもできそうなネットリサーチを、なぜリサーチ会社がやる必要性があるのか?リサーチ会社の専門性についてお話しました。 さて、ここまでリサーチのお話をしておきながら、そもそもマーケティング活動に、「リサーチ」を組み込む際に大切なことについてお話させてください。 実は、ここが一番大事なポイントです。要です。ここを間違えるとわざわざリサーチ会社に依頼して調査を行っても、思うような結果にならないケースが多くあります。  ◆調査で、何を得てどう

                                スキ
                                10
                                • インターネットリサーチって誰でもできるんじゃないの?リサーチ会社に頼む必要性とは

                                  こんにちは。笠原です。 今回は、マーケティングリサーチを調査会社が行う必要性について、お話します。 参考記事:インターネットリサーチ(Web調査)の進め方・方法 ◆マーケティングリサーチとは? 以下のイラストにあるように、マーケティングリサーチとは、生活者・消費者・顧客を知る、声を聞くためのツールです。 そしてマーケティングリサーチャーは消費者・生活者の代弁者です。 よりよい生活がしたい、より良い商品を使いたい、そんな生活者と企業をつなげる架け橋となります。 そこで、

                                  スキ
                                  3
                                  • はじめまして、「知るギャラリー」公式noteです。

                                    皆さんはじめまして。「知るギャラリー」公式noteです。 ・・・「知るギャラリー」って何?と思う方が多いかと思いますので自己紹介をさせてください。 まず、「知るギャラリー」は株式会社インテージのオウンドメディアです。 インテージは60年以上の歴史がある国内最大手のマーケティングリサーチ会社です。特に歴史が深いのはドラックストアや薬局などの仕入・在庫調査です。(通称SDI*全国一般用医薬品パネル調査は今年で61年の歴史があります)。 約60年前、薬局の店員さんに、売れた

                                    スキ
                                    32